体温:五感の変化⑨

体温は、午前中は低く、午後になると次第に上昇し、3時から5時を最高として、また次第に下降していきます。夜中は低く、朝の目覚め前あたりで最低になるというリズムを持っています。

高齢になると、体温リズムも変化し、早朝に体温が上がりはじめ、夜の早い時間に体温が下がりだします。そのため、生活リズムも早寝早起きになりやすいとされています。

また、高齢の人は一日の体温の変動幅が少なくなることから、睡眠が浅くなる傾向があります。 朝食で脳にエネルギーを与え、日中は散歩などで体を動かし、就寝の2〜3時間前までに入浴するなど、規則正しい生活習慣を心がけます。

温度・湿度の調整
高齢の人は、暑さ寒さに対する感覚が鈍くなるといわれています。まわりの温度がかなり変化してから、ようやく温冷感を自覚しはじめます。

しかし暑さや寒さを感じていなくても、実際の身体は暑かったり冷えていたりして、自覚なく、よくない健康状態に陥っていることがあります。快適な温度と湿度の環境づくりを心がける必要があります。

>ケアリングデザインが考える五感アプローチについてはこちらの冊子でご紹介しています。

Drawing: Hanako Yoshida

五感の変化①
五感の変化②:視覚
五感の変化③:光 
五感の変化④:色 
五感の変化⑤:聴覚
五感の変化⑥:嗅覚
五感の変化⑦:味覚
五感の変化⑧:触覚
五感の変化⑨:体温

この記事をSNSでシェアする

関連記事

五感の変化①

編集部
わたしたちはまわりにあるいろいろな状況の中で、絶えず何かを感じ判断をして行動をしています。 建物や空...

触覚:五感の変化⑧

編集部
高齢になるにつれて、皮膚が乾燥してうるおいがなくなり、触覚の感じやすさも自然に衰えてきます。そのため...

はじめまして。

小野 由記子
美術大学の3年次でインテリアデザインを専攻して、それから数十年ずっとインテリアデザインの仕事に関わっ...

味覚:五感の変化⑦

編集部
味覚の感受性は、加齢とともに低下していきます。特に塩分に対しての感受性が弱くなります。 また、高齢に...