五感の変化①

わたしたちはまわりにあるいろいろな状況の中で、絶えず何かを感じ判断をして行動をしています。

建物や空間を体験するとき、人間の五感( 視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)は、お互いに影響を与えあいます。感覚と筋力は、加齢によって衰えてきます。

特に視覚の変化は30代から、嗅覚も20歳をピークに急激に衰えていくことがわかっています。その他、加齢による内臓の変化、精神面の変化、運動器官の変化は50歳を過ぎる頃には20歳の半分以下の能力しかなくなるといわれています。

加齢とともに訪れる五感の変化は、いままでの効率を優先した生き方からスローダウンして、ゆっくりと、いまの自分にあわせた丁寧な暮らし方を見つけなさいという声です。

これからのGood Over 50’s の暮らし方について、考えてみませんか?

Drawing: Hanako Yoshida

五感の変化②:視覚
五感の変化③:光 
五感の変化④:色 
五感の変化⑤:聴覚
五感の変化⑥:嗅覚
五感の変化⑦:味覚
五感の変化⑧:触覚
五感の変化⑨:体温

この記事をSNSでシェアする

関連記事

色:五感の変化④

編集部
色はそれぞれ特有の波動をもっていて、視覚細胞や皮膚感覚でも感知することができるため、老人性白内障や色...

触覚:五感の変化⑧

編集部
高齢になるにつれて、皮膚が乾燥してうるおいがなくなり、触覚の感じやすさも自然に衰えてきます。そのため...

嗅覚:五感の変化⑥

編集部
加齢とともに嗅覚が衰え、65歳を過ぎると、においを感じにくくなりやすいといわれています。鼻からの刺激...

視覚:五感の変化②

編集部
わたしたちは、自分のまわりの環境を五感で認識しながら生活しています。 この五感から得られる情報全体を...