触覚:五感の変化⑧

高齢になるにつれて、皮膚が乾燥してうるおいがなくなり、触覚の感じやすさも自然に衰えてきます。そのため、痛みと温度にすぐに反応することができず、熱中症や、やけどなどに対する危険性が増します。

触覚への対応
手ざわりは、思考や反応性を刺激し、記憶を呼び覚ます助けになります。からだにふれるもの、床、壁、家具、カーテンなどの肌ざわりを吟味しましょう。

また、手すり、ハンドル、フックなども、その形状や素材などを十分に選びます。

手ざわり
手すりは、自分の体を支えるために必要であると同時に、さわることで安心感が得られます。手すりの基本は、握りやすさと手ざわりです。

 

>ケアリングデザインが考える五感アプローチについてはこちらの冊子でご紹介しています。

photo:Miki Chishaki

五感の変化①
五感の変化②:視覚
五感の変化③:光 
五感の変化④:色 
五感の変化⑤:聴覚
五感の変化⑥:嗅覚
五感の変化⑦:味覚
五感の変化⑧:触覚
五感の変化⑨:体温

この記事をSNSでシェアする

関連記事

聴覚:五感の変化⑤

編集部
聴覚の老化は、40歳代からはじまります。特に高周波音が聞きづらくなります。 楽器でいえばフルートのよ...

色:五感の変化④

編集部
色はそれぞれ特有の波動をもっていて、視覚細胞や皮膚感覚でも感知することができるため、老人性白内障や色...