視覚:五感の変化②

わたしたちは、自分のまわりの環境を五感で認識しながら生活しています。

この五感から得られる情報全体を100%とすると、視覚からは87%もの情報を得ています。それゆえ視覚が加齢によって衰えるということは、情報を受け取る能力が低下していくということです。

そこでわたしたちは、加齢による見え方を知り、適切に視覚情報を伝える必要があります。

色の識別がしにくい
明暗順応に時間がかかる
視野が狭くなる
視力が低下する
ゆがむ
まぶしさを感じる
体内時計が狂いやすい

加齢によって、さまざまな視覚の変化が起こります。

ある研究によると、高齢の人が質のいい光の中で過ごすと、気分がよくなり、ライフスタイルの質があがるという報告があります。

 

>ケアリングデザインが考える五感アプローチについてはこちらの冊子でご紹介しています。

Photo:Miki Chishaki

五感の変化①
五感の変化②:視覚
五感の変化③:光 
五感の変化④:色 
五感の変化⑤:聴覚
五感の変化⑥:嗅覚
五感の変化⑦:味覚
五感の変化⑧:触覚
五感の変化⑨:体温

この記事をSNSでシェアする

関連記事

嗅覚:五感の変化⑥

編集部
加齢とともに嗅覚が衰え、65歳を過ぎると、においを感じにくくなりやすいといわれています。鼻からの刺激...

体温:五感の変化⑨

編集部
体温は、午前中は低く、午後になると次第に上昇し、3時から5時を最高として、また次第に下降していきます...

光:五感の変化③

編集部
光のコントロール 光と色彩が人々のからだやこころに大きな影響を及ぼすことは、科学的にも証明されてきて...