北欧ホスピタルアート②ノルウェー「カンペン・オンソルグプラス」

ケアリングデザインが2018年に訪れた北欧のシニア施設のホスピタルアートをご紹介しているシリーズ2回目は、ノルウェー「カンペン・オンソルグプラス」です。

「カンペン・オンソルグプラス(Kampen Omsorg+)」  は、ノルウェーで初めてスマートハウジングと福祉技術ソリューションを導入した高齢者の住まいです。67歳以上の独居高齢者のQOL向上がミッションとなっています。

フィンランドの「オンネランポルク」同様、廊下や共用部に、入居者が若い頃に人気だったロック・スターの写真を飾っています。

エレベーターホールの1コーナー。卓球台とソファが置かれているそばには、子どもが描いたようなドローイング(実際に子どもが描いたものかもしれません)。

卓球台を挟んで反対側の壁には、お孫さんを想起させるような子どもたちの写真が飾られています。

1階のコーナースペースに飾られたアート作品。

廊下に設けられたコーナー。ノルウェーの風景写真が飾られています。
「カンペン・オンソルグプラス」では、廊下やエレベーターホールの片隅をこのようにもうひとつの多用スペースとしてうまく活用しています。一部のコーナーでは、美術クラブの作業スペースがありました。奥のテーブルセットも作業場なのかもしれません。奥に見えるのはヴィンテージ家具でした。

こちらは、食堂がある大ホールの片隅のコーナー。テーブルセットが置かれて絵が飾られるだけで、人が集う心地良いコーナーが生まれます。テーブルセットのカラーリングもテキスタイルも北欧らしいものです。

⇒カンペン・オンソルグプラス(Kampen Omsorg+)

その他の北欧ホスピタルアート記事は以下からご覧ください。

北欧のホスピタルアート①フィンランド「オンネランポルク」

北欧ホスピタルアート③ノルウェー「ウルル・ヘルスビッグ」

この記事をSNSでシェアする

関連記事

五感の変化①

編集部
わたしたちはまわりにあるいろいろな状況の中で、絶えず何かを感じ判断をして行動をしています。 建物や空...

触覚:五感の変化⑧

編集部
高齢になるにつれて、皮膚が乾燥してうるおいがなくなり、触覚の感じやすさも自然に衰えてきます。そのため...