同じ間取りのマンションを4通りにリフォーム:5階 住み替え前提【50代リフォーム:100】

築20年以上たった公団住宅の同じ間取りのマンションを4通りにリフォームした事例の続きです。

同じ間取りのマンションを4通りにリフォームした事例(リフォーム前の基本プラン)
1階 Aさん 床の間
3階 Bさん キッチン廻り
4階 Cさん 収納を充実
→5階 Dさん 住み替え前提


●5階 住み替えを前提にリフォーム

5階のDさんから相談を受けたときは、まずこのまま住み続けられるかどうかという点から話を始めました。

ゆるやかとはいえ、階段で5階まで上り下りするのは、将来無理な状況になってしまう可能性が高いので、大規模なリフォームはせず、クロスやカーペットの貼り替えにとどめました。そして将来の住み替え費用を貯えておくことになりました。

そこで夏・冬の2枚のカーテンをつくり、季節により付け替えるという提案をしました。カーテンを替えただけで、いままでの雰囲気がガラリと変わり、気分が一新されました。

Dさんは、現在の状況と将来起こりうる事柄をうまく整理していた方で、まわりの情報に流されることなく、しっかりと自分の考えを持ってリフォームを捉えていたという点で、「50代リフォーム」のよい例のひとつであるといえます。


【リフォーム前の間取りのまま】


 

※事例:エス・オウ設計事務所
※写真はイメージです。
吉田紗栄子、寺林成子著『50代リフォーム 素敵に自分流』(財団法人 経済調査会)より
PHOTO©IDC /amanaimages
この記事をSNSでシェアする

関連記事