同じ間取りのマンションを4通りにリフォーム:3階 キッチン廻り【50代リフォーム:98】

築20年以上たった公団住宅の同じ間取りのマンションを4通りにリフォームした事例の続きです。

同じ間取りのマンションを4通りにリフォームした事例(リフォーム前の基本プラン)
1階 Aさん 床の間
→3階 Bさん キッチン廻り
4階 Cさん 収納を充実
5階 Dさん 住み替え前提


●3階 キッチン廻りを中心にリフォーム

3階のBさんのお宅では、奥行きの狭いキッチンをリフォームして、冷蔵庫の使い勝手をよくしたり、2人で調理するスペースを確保したいと考えました。

幸いダイニングとの間の壁は木造だったため、15㎝ほど広げられました。ダイニングへの開口部は、冷蔵庫の大きさや収納の使い勝手を考慮して位置を決めました。

リフォーム願望第1位はキッチン

子どもたちがアトピーだったこともあり、各室の床はすでにフローリングに変更されていたので、内装工事は壁と天井の壁紙の貼り替えをしました。器具にこだわり選択したことも功を奏し、イメージを一新することができました。

洗面・脱衣室の広さが変更できないので、洗面器を取り替え、タオルや化粧品などの収納場所をきちんとつくることで、すっきりした空間につくりかえました。


【リフォーム後】


【リフォーム前】


※事例:エス・オウ設計事務所
※写真はイメージです。
吉田紗栄子、寺林成子著『50代リフォーム 素敵に自分流』(財団法人 経済調査会)より
PHOTO©fun house /amanaimages
この記事をSNSでシェアする

関連記事