ミラノサローネ番外編 [1] パオラ・レンティのインテリア

【ミラノサローネ2017番外編・デザインされ、手入れされた特別な居心地。】

今年のミラノサローネ本編は各メディアで数多く取り上げられていましたので、Good Over50’sの視点と共に、普段取材されていない番外編として、今、感性に響くシーンやカラー&マテリアル、そして人びとをご紹介します。今をときめく女性建築デザイナー、パトリシア・ウルキオラのデザインによるコモ湖畔のスモールラグジュアリーホテル。家具ブランド、チェコッティのオーナーであるフランコ家が住むトスカーナを見渡すリノベーティド・レジデンス。さまざまな事例をご紹介しながら、何故それらの場所が最高に心地よいのか、その理由を探ります。

【PAOLA LENTI(パオラ・レンティ)】ガーデンファニチャー・メーカーが提案するインテリア

PAOLALENTI1

CMF(COLOR:色 MATERIAL:素材 FINISING:加工)を牽引するPAOLA LENTI。

PAOLALENTI2

PAOLALENTI3

今回は市内の古い建物ではなく再開発エリアの倉庫を舞台に、ミラノ中の植物をここに集めたのではないかと噂されるほど、植物をふんだんに用いた展示でした。

PAOLALENTI4

透け感のあるテキスタイルのパーティションは、圧迫感もなく緩やかなゾーニングに役立っています。Good Over50’sの住まいに取り入れたい手法です。

PAOLALENTI5

さまざまな方向を向いて使えるアイランド型のソファもトレンド。ソファは、もはやリビングの主役としてのかしこまった家具ではなく、もっとカジュアルなものに進化しています。アイランド型なら多様な楽しみ方ができそうですね。

※ケアリングデザイン理事 小野由記子が、2017年6月にくらしのデザインサロンで行ったセミナー『ミラノサローネ2017番外編・デザインされ、手入れされた特別な居心地。』から、シリーズで一部内容をご紹介しています。

ミラノサローネ番外編 [1] パオラ・レンティのインテリア
ミラノサローネ番外編 [2] カッシーナ ウルキオラによる近未来の住空間
ミラノサローネ番外編 [3] 「イル・セレーノ」ウルキオラが手掛けたホテル
ミラノサローネ番外編 [4]チェコッティ・コレツィオーニ 職人技術の継承と保存

この記事をSNSでシェアする

関連記事

家のあかりを心地よく

照明は空間を明るくするだけではなく人の気持ちに大きな変化を与えます。自分をそして家族を健康的に美しく...

2/27 吉田紗栄子セミナー

2月27日(水) 夜、ケアリングデザイン理事 吉田紗栄子氏が、セミナーを開催いたします。 セミナーで...