抗ウイルス&抗菌シリーズ「HYGIC」ドアハンドル/レバーハンドル/ビニレーン

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、人々の衛生意識は強まりました。毎日触れる玄関のドアハンドルを、抗菌剤で消毒している方も多いと思います。玄関に手指消毒剤を置くようになったという話もよく伺います。また、シニアマンションや介護施設では、居住者以外の入室や面会制限が行われました。

コロナ渦で人々の衛生概念は、良い意味で激変しました。衛生意識の浸透は、新型コロナウイルス感染症だけでなく、冬場に流行するインフルエンザやノロウイルス予防にも役立っています。実際、新型コロナウイルスの感染が本格化した2020年1〜3月の全国累計死亡者数は36万8,793人で、過去5年の同期間の平均を0.7%下回っていたことが、厚生労働省が3月に発表した最新統計でわかっています。

厚生労働省 人口動態統計速報(令和2年3月分)

いつ終息を迎えるのか先が見えないコロナ渦の状況を考えると、建材のなかでも特に頻繁に触れるドアハンドルやドアレバーも、抗ウイルス・抗菌素材の製品が主流になっていくかもしれません。

以前ハンドバーをご紹介した株式会社ユニオンでは、抗ウイルス&抗菌シリーズ「HYGIC」の製品を取り扱っています。「HYGIC」は、従来の抗菌性能に加え、光触媒による抗ウイルス性能をプラスした、抗ウイルス樹脂PVCハイジックを使用したドアハンドル、レバーハンドルのシリーズです。

PVCハイジックには、ウイルスや細菌を不活化させる効果があり、医療福祉施設・学校・駅・空港など、不特定多数の人が利用する公共施設で活用されています。

シンプルなデザインなので、どんなインテリアにもすっきりと溶け込みそうです。1枚目の写真のように、ドアハンドルとデザイン・素材・色が統一されている、ナカ工業株式会社のビニレーン(手すり)製品とも組み合わせて利用できます。

これからは、デザイン+機能を兼ね備えた建材がますます求められていきそうです。

 

H1232-16-688

抗ウイルス&抗菌「HYGIC」

建築用ドアハンドル [ネオイズム]H1232-16-688
https://www.artunion.co.jp/products/detail.php?id=1120

株式会社ユニオン

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

PS HR(E) タオルウォーマー

シニアの暮らしで特に注意したいのが、寒暖差によるヒートショックを防ぐことです。冷えやすいバスルームへ...