気に入らん!

気に入らん、と言うから、何が気にいらんのだと聞くと、出来すぎだと言う。

「国立出のエリート官僚と言うから、冷たい秀才を想像していたら、これが実にいいい奴。かなわんのよ。俺より全部上。俺が上なのは歳だけだ」と友人は笑い、ビールをあおった。

8階の部屋を初夏の風が渡る。言葉とは裏腹に、多分彼は「最愛の娘を取られてもこの男なら仕方ない」と報告しに来たのだ。そして彼なりのやり方で、花嫁の父の「一番つらい関所」を通り抜けようとしているのだろう。

でもな、と彼は言う。「お前との酒の肴になるような欠点を、ひとつくらい用意していてもいいじゃないか」それもやさしさだろ、と言い残し、深夜、自宅へと帰って行った。

こっちも本音だと思って、私は笑った。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

目が幸せな家

岩崎 俊一
ここは目が幸せなマンションだね、と窓辺でしみじみと父が言う。 引越しをして2ケ月。 父母が来るのは3...

道に教えられる

岩崎 俊一
マンションから続く並木道で何人もの人を追い越しながら、この街の人は何故こんなにゆっくり歩くのだろう、...

人生はリレーだ

岩崎 俊一
テレビにはふらふらになった選手が映っていた。目はうつろで既に走れる状態ではない。リタイアかな、と智子...

湯気がある家

岩崎 俊一
たまたま以前住んでいたマンションの前を通りかかった時のことである。明かりが灯った一階のその部屋から、...