湯気がある家

たまたま以前住んでいたマンションの前を通りかかった時のことである。明かりが灯った一階のその部屋から、突然火がついたような男の子の泣き声が聞こえた。何事?

しかし泣き声はすぐに止んだ。中から「ほらほら泣かない。タケシは強い子だもの」という、若い母親の声がした。10年前、この部屋で同じ事を言っていた母親がいたなと、私は苦笑いした。台所の窓からは、夕餉の準備の湯気が立ち上がっているのが見えた。

自宅で夕食を食べながら思った。大丈夫、あの家族は。だって台所に湯気が上がっていたもの。夕暮れにあたたかな湯気が上がっている家は大丈夫。私はいつもそう思っている。

かつての私たちの家が「今も幸せそう」であることに、私はちょっとうれしくなった。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

気に入らん!

岩崎 俊一
気に入らん、と言うから、何が気にいらんのだと聞くと、出来すぎだと言う。 「国立出のエリート官僚と言う...

転校生の悲しみ

岩崎 俊一
引っ越しの日の朝、12歳の息子が荷物の消えた自室を塵ひとつ残さず掃除し、最後に思い出の詰まった部屋に...

世界一長い7日間

岩崎 俊一
こずえ様。 単身赴任から3ヶ月たちました。40歳を過ぎての初体験はきついだろうと覚悟していましたが、...
ただいまのあとにのイメージ