人生はリレーだ

テレビにはふらふらになった選手が映っていた。目はうつろで既に走れる状態ではない。リタイアかな、と智子はつぶやいた。

智子が暖をとる炬燵には、夫と5歳の息子が並んで寝ている。この正月は、双方の両親が共に旅行で、智子一家は、結婚以来初めて自宅で新年を迎えることになった。

選手が倒れ、再び立ち上がった。目を瞠る智子に「リレーだもん」と眠っていると思った夫が答えた。そうだ。駅伝はリレーだ。タスキを待つ人がいるのだ。彼に立ち上がる力を与えたのはその人だ。そう言えば遅い結婚で近々50歳になる夫が「息子が社会に出るまで頑張らなきゃ」と嬉しそうに笑っていたのを思い出す。タスキを渡したい人がいる人生はいいものだと、智子はふと思う。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

転校生の悲しみ

岩崎 俊一
引っ越しの日の朝、12歳の息子が荷物の消えた自室を塵ひとつ残さず掃除し、最後に思い出の詰まった部屋に...

目が幸せな家

岩崎 俊一
ここは目が幸せなマンションだね、と窓辺でしみじみと父が言う。 引越しをして2ケ月。 父母が来るのは3...

湯気がある家

岩崎 俊一
たまたま以前住んでいたマンションの前を通りかかった時のことである。明かりが灯った一階のその部屋から、...