会社に返した肩書き

夫が変わった。私にあれこれと「命令」しなくなった。以前は「新聞取って」とか「コーヒー入れてよ」とかうるさかったものだが、それがある日ピタリと止まったのだ。

どうしたのとしつこく聞くと、ようやく夫は、「いや、僕はもう部長じゃないから」と、照れながら白状した。

長年の会社勤めが終わり、夫の生活は激変した。自分も変わらなければと、彼は彼なりの定年後のルールを考えた。

「退職していろんな備品を会社に返した日、僕は部長という肩書きも会社に置いてきた」と言うのだ。

私はちょっと感動した。からだの中を新鮮な風が吹きぬける心地がした。そして、住み慣れたマンションでこれから始まる、私たちの新しい日々を思った。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

ただいまのあとにのイメージ

気に入らん!

岩崎 俊一
気に入らん、と言うから、何が気にいらんのだと聞くと、出来すぎだと言う。 「国立出のエリート官僚と言う...