会社に返した肩書き

夫が変わった。私にあれこれと「命令」しなくなった。以前は「新聞取って」とか「コーヒー入れてよ」とかうるさかったものだが、それがある日ピタリと止まったのだ。

どうしたのとしつこく聞くと、ようやく夫は、「いや、僕はもう部長じゃないから」と、照れながら白状した。

長年の会社勤めが終わり、夫の生活は激変した。自分も変わらなければと、彼は彼なりの定年後のルールを考えた。

「退職していろんな備品を会社に返した日、僕は部長という肩書きも会社に置いてきた」と言うのだ。

私はちょっと感動した。からだの中を新鮮な風が吹きぬける心地がした。そして、住み慣れたマンションでこれから始まる、私たちの新しい日々を思った。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

湯気がある家

岩崎 俊一
たまたま以前住んでいたマンションの前を通りかかった時のことである。明かりが灯った一階のその部屋から、...

目が幸せな家

岩崎 俊一
ここは目が幸せなマンションだね、と窓辺でしみじみと父が言う。 引越しをして2ケ月。 父母が来るのは3...

人生はリレーだ

岩崎 俊一
テレビにはふらふらになった選手が映っていた。目はうつろで既に走れる状態ではない。リタイアかな、と智子...
ただいまのあとにのイメージ