世界一長い7日間

こずえ様。

単身赴任から3ヶ月たちました。40歳を過ぎての初体験はきついだろうと覚悟していましたが、炊事や洗濯などの家事はむしろ新鮮で、何がいちばんつらいかと言えば、やはりひとり暮らしの孤独という答になるでしょうか。

今日のようにぬけるような青空の休日は、子どもたちがそばにいない寂しさがひとしおです。

部屋に射しこむ陽ざしも、人の胸まではあたためられない、などと君に笑われそうな感傷に浸っています。皮肉なことに、家族を強く感じる場所とは、家族がいない場所であると、この歳になって知りました。

来週初めての帰京です。なんと待ち遠しいことでしょう。今週の僕は、おそらく世界で一番長い一週間を味わう男になりそうです。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

世界一長い7日間

岩崎 俊一
こずえ様。 単身赴任から3ヶ月たちました。40歳を過ぎての初体験はきついだろうと覚悟していましたが、...

道に教えられる

岩崎 俊一
マンションから続く並木道で何人もの人を追い越しながら、この街の人は何故こんなにゆっくり歩くのだろう、...

気に入らん!

岩崎 俊一
気に入らん、と言うから、何が気にいらんのだと聞くと、出来すぎだと言う。 「国立出のエリート官僚と言う...