世界一長い7日間

こずえ様。

単身赴任から3ヶ月たちました。40歳を過ぎての初体験はきついだろうと覚悟していましたが、炊事や洗濯などの家事はむしろ新鮮で、何がいちばんつらいかと言えば、やはりひとり暮らしの孤独という答になるでしょうか。

今日のようにぬけるような青空の休日は、子どもたちがそばにいない寂しさがひとしおです。

部屋に射しこむ陽ざしも、人の胸まではあたためられない、などと君に笑われそうな感傷に浸っています。皮肉なことに、家族を強く感じる場所とは、家族がいない場所であると、この歳になって知りました。

来週初めての帰京です。なんと待ち遠しいことでしょう。今週の僕は、おそらく世界で一番長い一週間を味わう男になりそうです。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

世界一長い7日間

岩崎 俊一
こずえ様。 単身赴任から3ヶ月たちました。40歳を過ぎての初体験はきついだろうと覚悟していましたが、...

目が幸せな家

岩崎 俊一
ここは目が幸せなマンションだね、と窓辺でしみじみと父が言う。 引越しをして2ケ月。 父母が来るのは3...

湯気がある家

岩崎 俊一
たまたま以前住んでいたマンションの前を通りかかった時のことである。明かりが灯った一階のその部屋から、...