集まれば、家族ご飯

「一人ご飯だった人も、三人集まれば家族ご飯になる。ね、そうでしょ。そこには会話もあれば、笑いもある。お酒だってこんなにおいしかったのかってビックリしますよ。ぜひ山本さんもいらっしゃい」

散歩で会った吉田さんからそんなお誘いを受けた。その「居酒屋」は毎週土曜の夕方、吉田さんの部屋で「開店」しているという。

「このマンションを生涯の家と決めた者同士じゃないですか。家族がいなくなったのなら、地域の者同士で家族になればいい。これからはそういう時代だと思うんです」

吉田さんの明るい声に私は思わずうなづいていた。聞けばメンバーはみんな顔見知りだ。さすがはひとのつながりを大切にしてきた、我がマンションの実力である。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

湯気がある家

岩崎 俊一
たまたま以前住んでいたマンションの前を通りかかった時のことである。明かりが灯った一階のその部屋から、...
ただいまのあとにのイメージ

目が幸せな家

岩崎 俊一
ここは目が幸せなマンションだね、と窓辺でしみじみと父が言う。 引越しをして2ケ月。 父母が来るのは3...