ノルウェー人を知るための『The Social Guidebook to Norway』

北欧で購入したイラストレーションブック『The Social Guidebook to Norway』は、本国でも人気のベストセラー本です。ノルウェー人の考え方や生活習慣などが、わかりやすい英語とユーモアあふれるシンプルなイラストで解説されています。

Norwegian Conversations
ノルウェー人の会話は、直接的で現実的。食卓の花から生まれる会話もシンプル。アメリカ的な会話の弾み方とは少し違っていて、そこが日本人にとっても心地良いのかもしれません。

Social Logic/The Norwegian Dating Model
特に面白かったのは、「社交方法(ソーシャルロジック)」や「ノルウェー風デートモデル」。

一般的には、知らない人同士が出会うと、まずお茶を飲んで会話を楽しみ、気が合いそうなら一緒に出かけて、森でのベリー摘みなどのお出かけイベントを共にするもの。

ノルウェーでは、まず森のベリー摘みで出会い、それから知り合って、気が合いそうなら一緒に出かけて、お茶を飲んだり食事に招いたりします。知らない人なら誰でもではなく、目的のあるイベントで知り合って、段々と距離感が近付いていくというスタイルです。

他に、まずベッドインから始まってお互いを知り合い、一緒に出かけ、食事を共にして交際を深めていく「ノルウェー風デートモデル」もユニーク。

Gender Equality
こちらはジェンダー格差のないノルウェー家庭の様子。この逆も然り。夫も妻も、どちらも、家庭で同じ役割で働き、子ども達を育てます。

 

Trust and Honesty
多様性の受け入れや生活の豊かさが、ノルウェー人を正直な国民性にしているようです。この本のイラストレーターのニコラスさんも、ノルウェーのコーヒーショップでラップトップPCを置き忘れたり、バスで携帯電話を忘れたりしたそうですが、毎回必ず手元に戻ってきたそう。そういえば、ケアリングデザインの北欧視察でうっかりお財布を落とした参加者がいました。戻ってこないと思っていたのに、なんと若いノルウェー人女性が、わざわざ落とし主を探して手元に届けに来てくれました! 正直で親切、そんなノルウェー人と出会った経験が、この国のことをもっともっと好きになるきっかけになりますね。

全編カラーイラストでノルウェー風ソーシャルライフが描かれていて、イラストを眺めているだけでも楽しい本です。ノルウェーの人々のソーシャルライフのお作法が少しわかれば、ノルウェーへ行ったことがない人も、滞在したことがある人も、どちらにもおすすめの本です。

著者:Julien S. Bourrelle

イラスト:Nicholas Lund

書名:『The Social Guidebook to Norway 1  An illustrated Introduction』

発行:2014年

出版:MONDÅ FORLAGwww.monda.no

Amazon.co.jpでも購入可能です。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

Madame Chic Paris Snap

マダムシック Paris Snap 大人のシックはパリにある パリで出会った58~78歳のマダムたち...

阿部 勤『中心のある家』

建築好きな人の間では知らない人はいないという、建築家 阿部 勤さんの自邸「中心のある家」。本書はその...