自分の家[2]リノベーションで「親の家」から「自分の家」へ

作業スペースがたっぷりある、オープンスタイルのキッチン


以前は壁に面していたキッチンは、ダイニングコーナーに面したペニンシュラキッチン(フラット対面キッチン)に位置を変更。オープンスタイルにしたことで、外光が差し込む明るいキッチンに変わりました。

DINING KITCHEN BEFORE

DINING KITCHEN AFTER

新しいキッチンでは、リビングのテレビや窓の外の景色を眺めながら作業が楽しめます。お客様をお招きしても、お喋りしながらお料理が作れますね。

居心地のいいダイニングキッチンコーナー

オープンスタイルのキッチンの前には、窓がある角部屋のコーナに、ダイニングスペースを設けました。
ダイニングは、ゆるやかなドレープデザインがやわらかいイメージをつくりだす北欧風ペンダントランプと、テーマカラーのイエローとグレーを配したチェアとカーテンで居心地のよい空間となっています。

浴室、トイレ、洗面所の水廻りは、フルフラットで使いやすく

洗面所は、中央に洗面台、右にトイレ、左に浴室を配しました。
洗面所には、ゆったりとしたスペースを設けて、フルフラットにしています。また、洗面所とトイレの扉は、使いやすい引き戸です。

洗面所の三面鏡下には、リビングのテーマカラーのイエローとホワイト、ペパーミントグリーンのタイルを貼り、真っ白な空間にカラフルなアクセントを施しました。

Aさん
「姉と甥一家・姪一家が初めてリノベーション後の部屋へ遊びに来たときに、甥っ子が洗面所からなかなか戻って来ないと思ったら、洗面所のチェックをしていたみたいです(笑)。『洗面所にもたくさん収納があるんだね』と感心していました」
ご家族の皆さんも、昔のご実家がきれいにリノベーションできたことをとても喜んでくださっているそうです。

趣味のファッションアイテムを収納、明るいウォークインクローゼット

日当たりの良い洋室には、昇降式の室内物干しを取り付け、壁一面をウォークインクローゼットに、もう一面には収納力のある押入を設けました。
ファッションがお好きなAさんは、洋服、靴、バッグ、ベルトなどを数多く所有されています。収納力抜群の明るいウォークインクローゼットで、お好きな洋服選びがさらに楽しくなるように、上下にパイプを通すなど、使い勝手の良いウォークインクローゼットを目指しました。


二面に窓のある明るい寝室には、畳ベッドを置きました。
風通しの良い寝室は、静かな住環境にあり、落ちついた睡眠空間を提供してくれます。

次のページへ>>

【集合住宅】マンションのリノベーション
所在地:東京都内
延床面積:約65平米
坪数:約20坪
間取り:3DK→2LDK
設計監理:一級建築士事務所 直町建築設計室 直町常容子
リノベーション完工年月:2017年12月
撮影:樗木美紀
くらしのデザインサロン

 

 

 

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事

シニアリノベーション

はじめまして

吉田 紗栄子
70の手習い。ついにブログを書くことになりました。この道を志して今年で50年。6年後の東京オリンピッ...