目が幸せな家

ここは目が幸せなマンションだね、と窓辺でしみじみと父が言う。
引越しをして2ケ月。
父母が来るのは3度目だが、今日は近隣の花火大会にあわせて、夜の訪問になった。

門をくぐると木々の緑。そのまま進むと花壇の花。部屋に入れば遥か彼方に山々が見えて、「そしてこの夜景だもの」と、眼下に広がる光の大海原を眺めて父は感嘆する。
ここを買うとき、ちょっと狭くないかと父は心配した。
しかし夫はいつになく積極的で「部屋は狭いが、視野は広い」と、笑いながら眺望の素晴らしさを強調した。

そして来るたび、父も息子の判断を称賛するようになった。
ソファでは遊び疲れた1歳の娘が眠っている。
それを覗きこみながら「私の目の幸せはここにあるわ」と母は微笑んだ。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

目が幸せな家

岩崎 俊一
ここは目が幸せなマンションだね、と窓辺でしみじみと父が言う。 引越しをして2ケ月。 父母が来るのは3...

転校生の悲しみ

岩崎 俊一
引っ越しの日の朝、12歳の息子が荷物の消えた自室を塵ひとつ残さず掃除し、最後に思い出の詰まった部屋に...

気に入らん!

岩崎 俊一
気に入らん、と言うから、何が気にいらんのだと聞くと、出来すぎだと言う。 「国立出のエリート官僚と言う...