「室内に気候を作る。クリマデザインについて」

2017年1月25日、ピーエス株式会社本社ショールームで開催した「Good Over 50’sケアリングデザインセミナー2017」について紹介いたします。セミナーでは、ピーエス株式会社 代表取締役 平山武久様に「室内に気候を作る。クリマデザインについて」と題した講演をしていただきました。

クリマデザインとは、均質な室内環境ではなく、周辺のあらゆる自然環境因子と親和し、ゆるやかな起伏があることを許容する環境デザインを提唱するものです。

私達が、室内で心地よいと感じるのはなぜでしょう?部屋の空気と温度などの室内気候がいかに外部の自然環境と調和するようにデザインされているかによって、部屋自体の自然でほっとするような空気感や心地良さが変わってきます。

夏は、室温が高くてもまわりの壁や天井・床を冷やして心地よい冷涼感を。冬は、室温が低くてもまわりの放射面が冷たくなければ寒さを感じさせない。意匠性にも優れた放射冷暖房ラジエータを用いて、放射と自然対流を利用した放射環境をデザインすることにより、自然な変化のある快適性をつくりだすことができます。ゆるやかで自然な室内気候を追求するという考え方は、心地よく暮らしたいGood Over 50’sにとっても大変共感できるものです。

講演では、北広島市民体育館、半田ファーム チーズ熟成庫、京野菜かね松老舗、札幌円山動物園両生・は虫類館、耳鼻咽喉科などでの導入事例を伺いながら、空間の目的毎に異なる室内気候づくりについてお話いただきました。人だけでなく、発酵菌や野菜、両生・は虫類にまでやさしい室内気候をつくりだすクリマデザインの考え方を興味深く伺いました。

代々木公園にあるピーエス株式会社本社ショールームでは、実際に体感していただけますので、興味のある方はぜひピーエス株式会社へご連絡ください。

ピーエス株式会社
クリマデザイン研究会

クリマデザインについては、以下の書籍で詳しく紹介されています。

村上周三、小泉雅生、クリマデザイン研究会編著
『クリマデザイン 新しい環境文化のかたち』
(鹿島出版界)

この記事をSNSでシェアする

関連記事

ジェリィ・フォリー氏 カラーリスト IMAGES代表