グッドデザイン賞で知る「ケア×デザイン」【くらしのデザイン展2022】

2022年10月22日〜11月7日の期間開催の「くらしのデザイン展 2022  ケアとアートとデザインと」の展示企画の詳細を少しずつご紹介しています。


【グッドデザイン賞で知る「ケア×デザイン」】

多様な個人の「意」が交わり、響き合う=「行意と交響」をテーマにした2022年度グッドデザイン賞から、ケアプロダクト、インクルーシブプロダクトといった身のまわりに困りごとを抱える人によりそうデザインや、より心地よい毎日のためのセルフケアプロダクト約30点を紹介します。

[展示アイテム例]※一例です

●持って出かけたくなる白杖「ミズノケーンST」ミズノ株式会社

 

●災害時の赤ちゃんへの授乳を守るための備えやすい製品「災害用授乳カップ」ビジョン株式会社

 

●後脚に障がいがある犬の歩行を補助するサポートカート「WANCORO」旭工業株式会社

 

●バネ弾性を活用、シニアの使いやすさを追求したリュック「バネパカリュック[マユマサ]」株式会社ファースト・スパイク

 

●着る人・着せる人両方の視点から考えたルームウエア「Keamu」富士経編株式会社

 

●幅広の座面と厚手ファブリックによる快適な座り心地「IKIKIグランドチェア」株式会社ミキモク

 

他にも多くのグッドデザインプロダクトを展示しています。ぜひ会場でご覧ください。

くらしのデザイン展 2022 「ケアとアートとデザインと」

 

 

 

 

この記事をSNSでシェアする

関連記事