ギラン・バレー症候群、家族を困らせる認知症の「周辺症状(BPSD)」—「転ばぬ先の杖」より

①先日知り合いの若い女性が、突然両足に力が入らなくなりました。そんな時には、この病気を疑います。
「ギラン・バレー症候群・誰でも罹りえる難病を脳神経内科医が解説」

②健康診断などの尿検査の項目には必ず組み込まれているケトン体って、身体に良いの?悪いの?といった疑問を持たれている方が
多いのではないでしょうか?
「ケトン体は身体に良いの?悪いの?総合内科専門医が解説」

③加齢によって、脳の機能のすべてが衰退するわけでなく、維持・強化されるものもあることがわかってきました。
「結晶性知能」について、脳神経内科専門医が解説」

④夫婦のいずれかに死に別れても、世帯分離を維持したまま、中途同居を選択しないひとたちが増えています。
「【お薦め本の紹介】「おひとりさまの老後」のあとは、「在宅ひとり死のススメ」」

⑤老衰死は、医学的に理想的な最期であるだけでなく、医療費にも優しいようです。
「大往生となる老衰を増やすと医療費が抑えられる」

⑥ユーチューブです。認知症は物忘れで困るわけではありません。
「家族を困らせる認知症の「周辺症状(BPSD)」を専門医が解説!」

 

 

——本記事は、ブログ「転ばぬ先の杖」から先週の更新記事を紹介しています。(編集部)

この記事をSNSでシェアする

関連記事

デザインヒーター(タオルウォーマー)