作業療法士監修の「LUXCARE HOTEL(ラクスケアホテル)」

世界がんデーである2020年2月2日、医師や作業療法士が監修した「LUXCARE HOTEL(ラクスケアホテル)」が大阪にオープンしました。

14階建てのホテルのうち、3〜4階がユニバーサルフロアとなっており、作業療法士監修のもと、車いすでの利用に適したユニバーサルデザインを採用。座ったままで全身浴の出来るミストシャワーを備えたバスルーム、電動リクライニングベッドや電動昇降式洗面台、福祉用具の貸し出しなども行っています。

また、看護師資格を持ったスタッフによる「心のケアサポート」を行う相談窓口を設ける他、近隣クリニックや患者様のかかりつけの医療機関と連携し、術前術後の支援を充実させるサービすいも用意しているとのこと。

近隣にある大阪国際がんセンターと連携した宿泊施設として、治療を受ける患者さんやそのご家族が、安心して宿泊できるのは嬉しい点ですね。

日本人の「二人に一人ががんになる時代」と言われています。がん患者のためのケアサポート型ホテルという新しいサービスが今後増えていくことに、大いに期待したいと思います。

LUXCARE HOTEL(ラクスケアホテル)
住所   :大阪府大阪市中央区谷町2丁目2-15
規模   :鉄骨造 地上14階建
部屋数 :48室
収容人数 :116名

この記事をSNSでシェアする
タグ:

関連記事

湘南ロボケアセンター

湘南ロボケアセンター株式会社は、国内最大のロボットスーツのフィットネスゾーンとして、平成26年1月よ...
StageNext 2014年4月4日にオープン