くらしのデザイン展2018 いまどき、方丈

Good Design Good Over 50’s
くらしのデザイン展2018 いまどき、方丈

くらしの豊かさは、どのように成り立つのでしょうか?
鴨長明は、方丈の庵に住まい、ようやく安静を得たのだとか。
限られた場に、無限の時空を得たのでしょうか?
今、その美学に共感が広がります。
自分にとって大切な人やもの、空間とは何か
自由にかんがえてみる。
だって、くらしは自分が主役なのですから。

 

ケアリングデザインでは、2012年より、50代からの自分らしく、豊かに生きる暮らし方を提案する「くらしのデザイン展」を開催。Good Over 50‘s=「大人の 暮らしの自己実現」をコンセプトに、優良な道具と住まい方をご紹介してきました。

7回目となる本年は、「いまどき方丈~大切なものと向き合う場所~」をテーマとし、 鴨長明の『方丈記』で綴られている、方丈(畳四畳半)のような小さな空間に住むことで得られる、心豊かな暮らし方をご提案します。


●「方丈庵」を思い起こさせる組立和室と大人基地

西武池袋本店7階くらしのデザインサロンでは、プロダクトデザイナーの喜多俊之氏デザインの組立和室「障子結界庵」や、ダンボール製の一畳ユニット「大人基地」を展示。小さな空間がもたらす日常と非日常の楽しさを、光、音、映像を織り交ぜた環境演出でご紹介いたします。

●小さな空間を豊かにするグッドデザイン
また、2018年グッドデザイン賞受賞作より、「方丈の空間」に最適なデザインを選んで会場で展示販売いたします。ぜひお立ち寄りいただければと存じます。

期間:2018年11月14日(水)〜27日(火)
会場:西武池袋本店7階(中央A6)=インテリアフロア特設会場/くらしのデザインサロン
営業時間:[月〜土] 午前10時〜午後9時  [日・祝休日] 午前10時〜午後8時
※11月23日(金・祝)は、午後9時まで営業
※最終日11月27日(火)は、くらしのデザインサロン会場のみ午後6時に閉場いたします
主催:くらしのデザイン展実行委委員会[一般社団法人ケアリングデザイン]
協力:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人インテリア産業協会

この記事をSNSでシェアする

関連記事