急増するALSについて—「転ばぬ先の杖」より

①今一度、多くの方にALS(筋委縮性側索硬化症)について理解いただいてから、 議論を進めたいものです。
高齢化で急増!筋萎縮性側索硬化症ALSについて脳神経内科医が解説

②「一定時間歩くと、足が痛くなって歩けなくなる」、 しかし、「いったん休憩すると歩けるようになる」という症状があります。
休憩しないと歩けない!間欠性跛行は二大疾患の鑑別が重要とは

③食事量の減少には、大きくふたつの病態があり、対応方法は全く異なります。
食事がとれない嚥下障害と、食事をとらない摂食障害の違いを専門医が解説

④お金を持っている人ほど、情報に敏感で、決断も早いものです。
【お勧め本の紹介】沈着冷静な小宮一慶さんも、外貨を購入?

⑤昼食は、血糖値が高くなりがちです。
昼食後の倦怠感は、血糖値スパイクが原因?・・血糖値スパイクドクターの提言⑤

⑥YouTube版です。認知症の中には、早期発見で改善するものもあるのです。
治る認知症を見逃すな!誤診しやすい代表的10の原因を専門医が解説」

——本記事は、ブログ「転ばぬ先の杖」から先週の更新記事を紹介しています。(編集部)

この記事をSNSでシェアする

関連記事

デザインヒーター(タオルウォーマー)