外出自粛中の認知症予防法—「転ばぬ先の杖」より

① 多くの医者は頭痛の診断・治療のトレーニングを受けていません。
そのため対応方法を間違えるといつまでも頭痛に悩むことになってしまいます。
専門医が教える「頭痛のタイプ別分類を知って確実に治す」知識と方法

②歯科医の先生方には、いろいろなご意見があると思います。
しかし総合内科専門医の立場としては、口腔外バキュームを導入すべきと考えます。
歯科医院の全台に口腔外バキュームの設置をお願いしたい理由

③自粛要請により、行動が制限されています。
こんな時にこそ、日常生活の中のちょっとした工夫で認知症を予防できるものです。
新型コロナウイルス流行中の今できる認知症予防方法とは【専門医が解説】

④片頭痛の患者さんのなかに、「ジェネリックが効かない、効果が何か違う」 というケースが続出しています。
片頭痛のジェネリック医薬品使用には注意が必要な理由

⑤YouTube版です。餅は餅屋です。認知症も、 本当に認知症を診ている専門医に出会うことが大事です。
認知症になったら何科を受診?専門医の探し方や見極めのコツ教えます

 

—本記事は認知症専門医 長谷川嘉哉のブログ「転ばぬ先の杖」から先週の更新記事を紹介しています。
(編集部)

この記事をSNSでシェアする

関連記事

デザインヒーター(タオルウォーマー)