親指は意欲の象徴 『親ゆびを刺激すると 脳がたちまち 若返りだす!』

年齢を重ねると意欲が低下してしまうことがよくある。
やる気がわかず、外出するのもおっくうになる。
こういった意欲の低下こそが、やがて認知症を誘発してしまう。
脳への血流量がすくなくなり、
脳は活性化のチャンスをうばわれる。
やがて、脳そのものが老いはじめてしまう。

私は、親ゆびは「意欲」の象徴だと考えている。
ボタンをはめる、蛇口をひねる、靴ひもをむすぶ。
意欲的なアクションをするときには、
かならず親ゆびの出番がやってくる。
そして、その出番をむかえたときに
脳は活性化をする。

毎月、1000人の認知症患者を診てきて、
私がたどりついた結論。
それは、

「親ゆびを刺激すれば、脳は若返りだす」

ということ。
本書で提案する「親ゆび刺激法」によって、
脳の血流は上がり、若返りはじめる。
認知症の予防はもちろん、
意欲が湧きだし、やる気にみなぎった、
若々しい脳を手にいれることができる。

指は「第二の脳」である。
指を刺激することこそが、
脳を刺激することにつながる。

これから、親ゆびと脳をめぐる
不思議な冒険をはじめる。
本書を読みおえたとき、
あなたの脳は若々しくうごめきはじめるだろう。

Amazon『親ゆびを刺激すると 脳がたちまち 若返りだす!』

この記事をSNSでシェアする

関連記事

デザインヒーター(タオルウォーマー)