セミナー開催「超高齢社会の暮らしとデザイン Caring Design」

2016年2月1日(月)、ケアリングデザイン代表理事 小野由記子が講師となって、(公社)インテリア産業協会 関東甲信越支部にて、インテリア産業協会インテリアコーディネーター・キッチンスペシャリスト向けセミナー「超高齢社会の暮らしとデザイン Caring Design」がおこなわれます。

日本は今、世界に先駆けて人類史上かつて経験したことのない超高齢社会の先頭を走っています。

同時に、50歳でようやく人生半分というほどの寿命を持つ中でリタイア後、子育て終了後の長いながい時間をどう過ごすのかということは、生まれてから成年になるまでをどう生きるのか、と同じくらい大きな現実的課題です。

デザイン、設計の仕事をしていく上でも、Over50’sを取り巻くさまざまな問題を知り、それらを解決するデザイン、設計能力を身につけることは大切です。

クライアントの人生の時間と空間に対応する、暮らしのプロとしての自覚とスキルを学んでください。

セミナー「超高齢社会の暮らしとデザイン Caring Design」

日 時:2016年2月1日(月)15:00〜17:00(受付14:30~)
場 所:インテリア産業協会 会議室   新宿区新宿3-2-1 新宿三丁目ビル8階
講 師:(一社)ケアリングデザイン代表理事 小野由記子
参加費:1,000円

▼詳細・お申し込みは(公社)インテリア産業協会のこちらのページから

※ご予約はインテリア産業協会インテリアコーディネーター・キッチンスペシャリストとして登録されている方のみになります。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

ジェリィ・フォリー氏 カラーリスト IMAGES代表