シルバー川柳 誕生日ローソク吹いて立ちくらみ

「恋かなと思っていたら不整脈」「万歩計半分以上探しもの」 シニア世代を中心とした、まさに人生の達人たちによる川柳傑作選です。超高齢社会ニッポンの縮図でもあり、メッセージ集でもあります。

内容紹介「ポプラ社」本の情報より
「恋かなと 思っていたら 不整脈」
「デジカメは どんな亀かと 祖母が訊く」
「万歩計 半分以上 探しもの」
「クラス会 食後は薬の 説明会」
「なぁお前 はいてるパンツ 俺のだが」
「お迎えは どこから来るのと 孫が聞く」

単行本: 126ページ
発行所: ポプラ社
言語: 日本語
ISBN: 978-4-591-13072-8
発行日: 2012年09月

この記事をSNSでシェアする

関連記事

【本】幸福を見つめるコピー

幸福を見つめるコピー

数々の有名なコピーを世の中に送りだしている岩崎氏の、ともすれば見過ごしてしまう日常にあるささやかな幸...
公務員はなぜ認知症になりやすいのか